CQ出版 http://www.cqpub.co.jp/interface/

コラム http://www.cqpub.co.jp/interface/column/default.htm

2002/ _,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12

2003/ 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12

2004/ 1,2,3,4,5,6,7,_,9,10,11,_

2005/ 1,2,3,4,5,6

Interface連載終了記事

特集 [edit]

  • (2000/7) ATA(IDE)/ATAPIの徹底活用研究
  • (2000/8) MP3にみるデジタル家電の開発手法
  • (2001/3) オブジェクト指向の本格活用テクニック
  • (2002/3) 組み込み向けCプログラミングの基礎
  • (2002/5) オブジェクト指向の実装技法入門
  • (2002/7) ★未★Linux徹底詳解――ブート&ルートファイルシステム
  • (2002/12) 多国語文字コードの処理&国際化の基礎と実際
  • (2003/5) うまくいく!組み込み機器の開発手法
  • (2003/12) 具体例で学ぶ組み込みソフトの再利用技術
  • (2004/2) C++テンプレートプログラミングの世界
  • (2004/3) ★未★Cプログラミングの基礎知識
  • (2004/4) 作りながら学ぶEthernet活用技法(組み込みTCP/IPプロトコル・スタックTINETの詳解)
  • (2005/5) Ethernetのプロトコルを理解しよう(前編)オート・ネゴシエーションの詳細 =>2004.4の続編
  • (2005/6) Ethernetのプロトコルを理解しよう(後編)MACコントロールの詳細

単発切り抜き [edit]

  • (2002/11・12) JPEG2000/Motion-JPEG2000の技術概要と応用
  • (2002/12) C/C++とスクリプト言語の間をつなぐコードを生成する SWIG?
  • (2003/1) オブジェクト指向を使ったリアルタイム信号計測システムの開発
  • (2003/2) Hyper ITRONとμITRON4.0/PX 仕様の解説
  • (2003/6・7) UpUの規格概要
  • (2003/9) GNU開発ツール入門
  • (2003/12) ブロックソートとレンジコーダによるファイルの圧縮。高性能圧縮ツールbsrcの理論と実装(前編)
  • (2004/1) ブロックソートとレンジコーダによるファイルの圧縮。高性能圧縮ツールbsrcの理論と実装(後編)
  • (2004/4) 組み込み機器向けITRON TOPPERSと組み合わせて使える組み込みTCP/IPプロトコル・スタックTINETの詳解
  • (2004/10) マルチキー・クイック・ソートと0-1-2 codingにより高速化と高圧縮率を実現した高性能圧縮ツールbsrcの改良 bsrc2(前編)
  • (2004/11) マルチキー・クイック・ソートと0-1-2 codingにより高速化と高圧縮率を実現した高性能圧縮ツールbsrcの改良 bsrc2(後編)
  • (2005/3) PPMによるファイルの圧縮(前編) 広井誠
  • (2005/4) PPMによるファイルの圧縮(後編) 広井誠

連載 [edit]

  • 標準的デバッガGDBのすべて 岸哲夫
    • 1回(2005/5) GDBのコマンド
    • 2回(2005/6) GDBのセットアップとC/C++言語の演算子
  • リンカを100%使いこなそう! 坂井弘亮
    • 2回(2005/1) ELF形式を解析する
    • 3回(2005/2) ライブラリ・アーカイブの解析
    • 4回(2005/3) 実験--リンカで遊んで見よう
    • 5回(2005/4) リンカ・スクリプトでリンカの動作を制御する(前編)
    • 6回(2005/5) リンカ・スクリプトでリンカの動作を制御する(後編)
  • はじめて使うμClinux 大谷 浩司
    • 1回(2004/7) μClinuxの機能と動作の概要
  • TOPPERSで学ぶRTOS技術 岸田 昌巳
    • 1回(2003/9) TOPPERSプロジェクトの概要と展開
    • 2回(2003/10) シミュレータ環境を使って実際に動かしてみよう!
    • 3回(2003/12) ダイナミックローディング対応μITRON TOPPERS/IDLとTOPPERS開発環境
    • 4回(2004/2) サービスコールの概要・その1
    • 5回(2004/3) サービスコールの概要・その2
    • 6回(2004/5) サービスコールの概要・その3
    • 7回(2004/6) サービス・コールの概要・その4
    • 9回(2004/11) JSPカーネル移植のための基礎知識
    • 11回(2005/2) デバイス・ドライバの移植とカーネル移植の完了
    • 12回(2005/3) ゲームボーイアドバンスで動作するTOPPERS/JSPカーネル
    • 13回(2005/6) TOPPERSの開発をモデル駆動型で行う
  • VxWORKSを使ったRTOS技術の基礎と応用 高山 剛
    • 1回(2003/11) リアルタイムOS「VxWORKS」の概要
    • 2回(2003/12) ネットワークプログラミング---Webサーバ編
    • 3回(2004/1) ネットワークプログラミング ―― Zbuf&TELNET応用編
    • 4回(2004/3) VxWORKS TCP/IPプロトコルスタックの設計と実装(前編)
    • 5回(2004/4) VxWORKS TCP/IPプロトコル・スタックの設計と実装(後編)
    • 6回(2004/6) RTOS再入門――排他制御と同期,タスク間通信,タイマ同期
    • 7回(2004/7) 続・RTOS再入門――デスクトップOSプログラムからの脱却
    • 8回(2004/9) 組み込みのためのC言語講座
    • 9回(2004/11) 組み込みシステムのデバッグ(前編)
    • 11回(2005/3) 組み込みシステムのデバッグ(後編)--ビジュアライゼーション・ツール
  • 初級ドライバ開発者のためのWindowsデバイスドライバ?開発テクニック 丸山治雄
    • 1回(2003/10) デバイスドライバ?の基本関数 DriverEntry?()
    • 2回(2003/11) ドライバとアプリケーションの通信の方法 Unload() Create() Close() MapMemMapTheMemory?() ユーザー定義のディスパッチ? 割り込み処理?
    • 3回(2003/12) 割り込み通知の受け取りとDMA転送
    • 4回(2004/1) ReadFile?(),WriteFile?()への対応理
    • 5回(2004/2) ドライバ/アプリケーションでのタイマの使い方
    • 6回(2004/3) 不要:DriverStudio?を使ったドライバ開発事例
  • プログラミングの要 宮坂電人
    • 1回(2002/3) デメテルの法則
    • 2回(2003/4) 開放/閉鎖原則(前提知識編)
    • 3回(2003/5) 開放/閉鎖原則(実践編)
    • 4回(2003/7) ハリウッドの法則
    • 5回(2003/8) 継承禁止令
      • Liskovの置換原則
      • 依存逆転の原則
    • 6回(2003/9) 詳細と抽象
    • 7回(2003/11) アンチパターンの基礎
    • 8回(2003/12) さまざまなアンチパターンの概要
    • 9回(2004/2) ピーターの法則、そしてパターンとアルゴリズム
    • 10回(2004/4) データ構造とアルゴリズム
    • 11回(2004/5) リスト構造とその応用
    • 12回(2004/6) 集合とハッシュ
    • 13回(2004/7) バイナリ・ツリーとヒープ
    • 15回(2004/9) グラフ――頂点と辺からなるデータ構造
    • 16回(2004/10) 重みつきグラフ――距離や運賃の算出にも使えるアルゴリズム
    • 17回(2004/11) ハフマン符号化による圧縮――幅広く使われている圧縮アルゴリズム
    • 19回(2005/1) メモリの動的確保---実装して理解するメモリ管理
    • 20回(2005/2) バック・トラッキング---枝刈りで処理を軽減する
    • 21回(2005/3) 読み易さがバグを減らす---読み易いプログラミング
    • 22回(2005/4) プログラムの簡素化---分岐を工夫する
    • 23回(2005/5) オブジェクト指向の弊害?--便利な機能からC++を使ってみる
  • フリーソフトウェア徹底活用講座 岸 哲夫
    • http://www.cqpub.co.jp/interface/column/freesoft/default.htm
    • 1回(2002/8) GCCの最適化オプション
    • 2回(2002/9) GCCの最適化オプション−Cとアセンブラの比較
    • 3回(2002/10) GCCのC言語最適化以外のオプション
    • 4回(2002/12) C言語をコンパイルする際に指定するオプション
    • 5回(2003/1) 続・C言語をコンパイルする際に指定するオプション
    • 6回(2003/2) GCCのインストールとC言語におけるGCCの拡張機能
    • 7回(2003/3) C言語におけるGCCの拡張機能(2)
    • 8回(2003/4) C言語におけるGCCの拡張機能(3)
    • 9回(2003/5) C99規格についての説明と検証
    • 10回(2003/6) 続・C99規格についての説明と検証
    • 11回(2003/8) GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
    • 12回(2003/11) 続・GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
    • 13回(2004/1) 続々・GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証
    • 14回(2004/2) GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その3)
    • 15回(2004/5) GCCにおけるマルチスレッドへの対応
    • 16回(2004/7) GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その4)
    • 18回(2004/9) GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その6)
    • 19回(2004/10) GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その7)
    • 21回(2005/1) GCC2.95から追加変更のあったオプションの補足と検証(その9)
    • 22回(2005/2) 静的単一代入形式による最適化
    • 23回(2005/3) これまでの補足とIntel386およびAMD x86-64オプション
    • 24回(2005/4) Intel386およびAMD x86-64オプション
  • 組み込みプログラミングノウハウ入門 藤倉俊幸
    • 1回(2002/3) マルチタスクシステムとは
    • 2回(2002/4) マルチタスクプログラム実装の概要
    • 3回(2002/5) ソフトウェアアーキテクチャとは何だろうか
    • 4回(2002/6) 組み込みにおける要求仕様書について−−上流工程の概要
    • 5回(2002/7) テストの話
    • 6回(2002/11) 状態マシンの話
    • 7回(2002/12) 時間オートマタの話
    • 8回(2003/1) アクティブオブジェクトモデリングのはなし
    • 9回(2003/3) 時相論理とプログラム検証のはなし(その1)(コピー薄い)
    • 10回(2003/4) 時相論理とプログラム検証のはなし(その2)
    • 11回(2003/5) スポラディックスケジューリングのはなし
    • 12回(2003/6) メッセージベーススケジューリングと実装−A Practitioner's Handbook for Real-Time Analysisを読む
    • 13回(2004/4) アクティブ・オブジェクト・モデリングのこころ―順序集合分割法(その1)
    • 14回(2004/5) アクティブ・オブジェクト・モデリングのこころ―順序集合分割法(その2)
    • 15回(2004/6) アクティブ・オブジェクト・モデリングのこころ――f(a+b)≦f(a)+f(b)の秘密――反復開発とアーキテクチャ
    • 16回(2004/7) アクティブ・オブジェクト・モデリングのこころ――ふるまいの合成と検証
    • 18回(2004/9) イベント・ドリブンとフェイル・ソフト――故障しても,かろうじて動き続けるシステム
    • 19回(2004/11) ノンブロッキング・プロトコルとロック・フリー・プロトコル ―― タスク間のデータ共有の効率を追求する
    • 21回(2005/1) 時間の壁を越えるメッセージ
    • 22回(2005/2) 運動中に具合が悪くなったことがありますか?---あいまいな仕様書:AならばBである。
    • 23回(2005/3) Use Case現場検証:ユース・ケースは何故ばらつくのか---システム設計とプロダクトライン
    • 24回(2005/6) 他人のモデルのバグ探しから始めよう
  • リアルタイムLinux--TimeSys? Linuxを使ってみよう
    • 1回(2002/3) 「デバイスドライバの作成」「リアルタイムタスクの作成」「リアルタイムタスクをgdbでデバッグ」「TimeSysLinux?の概要」
    • 2回(2002/4) インストールとAPI
    • 3回(2002/5) 「リアルタイム処理とMutexのプログラミング」「KylixからRT-Linuxの共有メモリにアクセス」「KylixでRS-232C通信」
    • 4回(2002/7) ★未★TimeSys? Linuxによるリソース予約
  • Inter Giga
    • No.19(2000/8)、24(2001/11)

related words [edit]